はじめてのお客様は味ではなく情報で買っている

0

    お客様がはじめて商品を
    買ってくださるか否かの判断基準は、
    味ではなく情報です。

     

    試食販売をしない限りは、
    味はわかりません。
    情報を見て聞いて判断されています。

     

    情報とは、
    その商品が生まれた背景のストーリー、
    素材へのこだわり、作り方へのこだわり、
    作っている人の実績、パッケージデザインの良さ、
    インスタ映えする見た目、
    売れているという実績などです。

     

    お客様は情報で買っているということを理解し、
    その情報を積極的にお客様に伝える必要があります。
    POPで、チラシで、SNSで、接客で。

     

    そしてもっと言えば、新商品のレシピ開発をする前の、
    商品企画の段階で、その商品に埋め込む情報について
    しっかり考える必要があります。
     
    どこにでもある素材で、
    誰もがやってる作り方で
    どこにでもある見栄えのもので
    特に有名な人が作るわけでもなく、
    無地の袋や箱にただ入れただけの商品。
    その商品は売れるはずがありません。
    売ろうと思えば売価を下げるしかありません。

     

    もちろん、情報が良ければ
    味はどうでもいい
    ということではありません。

    味が良くなければお客様は
    リピートしてくれません。

     

    インスタ映えスイーツとして有名になったお店でも、
    繁盛し続けているお店と
    そうでないお店がはっきり分かれてきています。
    それはリピートで買ってくださるお客様が
    いるかどうかの違いです。

     

    ただ、リピートしてくださる味であっても、
    はじめて買ってくださらなければ
    リピートは関係ありません。

     
    はじめて買ってくださるように
    情報出しをすること、
    さらには情報を商品企画段階で
    埋め込むことが大切です。


    インスタ映えスイーツの有名店を巡ってわかったこと

    0

      インスタ映えで有名なお店を

      いくつか巡ってみてわかったこと。

       

      それは、人気が継続しているお店と

      そうでないお店が

      はっきりしてきているということです。

       

      そしてそれらのスイーツを食べて思うこと。

      もう一度食べたいものとそうでないものが

      あるということです。

       

      当たり前のことですが、

      食べ物の本来的価値は「美味しい」です。

      本来的価値が高くなければ

      長く支持される商品にはなりません。

       

      美味しいを追求しながら

      楽しいも追求する。

      そのバランスが大切だなと

      あらためて感じた

      インスタ映えスイーツ巡りでした。

       


      ケーキ屋菓子店開業でマクアケ

      0

        柴田書店さんの

        「菓子店パン店開業読本」を読んでいます。

         

        とある菓子店さんのオープンまでの道のりが

        紹介されたコーナーを見ると、

        オープン3ヶ月前に

        「クラウドファンディングを開始」

        の文字が。

        私が菓子店を開業した十数年前は

        当然そんな選択肢はありませんでした。

         

        開業前に、お店の存在を

        広く知ってもらいたいというのが

        クラウドファンディング「Makuake」を

        利用した理由だったようです。

         

        開業前でなくても、

        商品のことを広く知ってもらう手段として

        クラウドファンディングを利用するのは

        とても面白いです。

         

        クラウドファンディングを

        利用することを前提として

        商品の企画開発に取り組めば、

        自ずとエッジの効いた商品を

        生み出せる可能性が高くなります。

         

        他店さんの取り組み、

        Makuakeでチェックしてみてください。

         

        Makuake

        https://www.makuake.com/

         

         


        行列に並んで考えた商圏のこと

        0

          今日は大阪ミナミの
          インスタ映えで人気のスイーツショップを
          ハシゴしてきました。

           

          どの店も20代の女性の行列ができていて、
          購入後のお客さんが店の外で
          スマホで写真を撮っていて楽しそうでした。

           

          私も体験しようと思い行列に並んで購入後、
          写真を撮ってInstagramに上げてみました。
          20代の女性になった気分で楽しかったです!
            
          行列に並んでいる女性の皆さんは、
          一体どこから来たのかと
          並びながらふと考えました。
           
          大阪府外からの方はもちろん、
          海外からの方もいるでしょう。
            
          インスタ映えするお菓子、
          美味しいことで有名なお菓子、
          ストーリー性のあるお菓子。
          そんなお目当てがあれば
          たとえ地方の山奥のお店でさえも、
          遠方から、または海外からも
          お客様がご来店くださいます。
          自店の商圏というラインを
          消していくことができるのです。

            

          オジサン1人で恥ずかしかったけれど
          商品開発の大切さをあらためて感じた1日でした。



          訳あり菓子のこと

          0

            とある菓子工場の直売所で

            フィナンシェを購入しました。

            超激安の訳あり品でした。

            私がそのお店にいる間も

            お客様が次から次へと来店されていました。

             

            菓子を作ると必ずできる「訳あり商品」。

            意見は分かれると思いますが、私は販売します。

             

            以前私が百貨店で催事をしていた時、

            自店のロールの切れ端を6枚入れた

            「わけありはしっこロール」

            という商品を300円で販売しました。

            飛ぶように売れました。 

            お客様が少ない平日の午前中に販売しても

            すぐ行列ができました。

             

            少し形の悪い焼き菓子を

            少しだけお安くして

            自店のレジ横にちょこっと並べたら

            すぐ売り切れました。

             

            大手の菓子ブランドでも、

            例えば「割れおかき」のような

            訳あり菓子を販売し

            百貨店で行列ができています。

             

            楽天市場も訳ありスイーツで

            特集を組んでいます。

            https://event.rakuten.co.jp/sweets/wakeari/

             

            訳ありが人気であることは間違いありません。

             

            どこでどう売るか。それとも売らないのか。

            訳あり商品について、一度考えてみてください。


            「開発を 止めた時から 下り坂」

            0

              今日、かわいいサンタスイーツが

              コンビニに並んでいました。

               

              フォトジェニックが話題の今日に

              こういう季節限定のケーキも出してくる。

              「今日は新しいスイーツ並んでないかな」

              とコンビニに行くたびに気になって、

              ついつい買ってしまいます。

                

              あらためて新商品って大事だなと思いました。

                

              コンビニのサイクルで

              続々出すのは難しいとしても、

              季節商品や限定商品なども含め

              菓子店も新商品の開発は常にするべきです。

               

              元気がいいお店は常に新商品を出してきます。

              どんなに大きくて安泰そうなお店でも

              常に新商品の発売です。

               

              1.日々の作業にだけ時間を取られて

                 新商品開発ができない

               

              2.現状維持でいいと思っていて

                 新商品開発をしない

               

              1と2どちらも結果開発をしないわけですから、

              どんどん元気のない店になってしまいます。

              「開発を 止めた時から 下り坂」です。

               

              新商品を常に開発、販売することが

              元気な菓子店の条件の1つであることは

              間違いありません。

               

              ただし、開発だけしてほったらかしてもいけません。

              せっかく開発した商品のことを

              お客様に知ってもらわなければ意味がありません。

               

              チラシやDM、LINE@、Twitter、

              Facebookページなどでしっかり宣伝しましょう。

               

              さらに言えば、より効果的な宣伝をするために、

              日頃からDMやSNS読者を増やす活動を

              しっかりおこないましょう。

              当たり前ですが、

              10人が読むのと10000人が読むのとでは

              結果の違いは明らかです。

               

              などと考えた今日のおやつタイムでした。

               


              菓子企画開発は有名菓子食べ比べから

              0

                 

                菓子の商品企画開発をする時に最初にすべきこと。

                それは、全国で有名なその菓子を一気に取り寄せて

                同時に食べ比べることです。

                 

                例えば、私が以前レモンケーキの企画をした時は

                大阪、広島4件、神奈川、香川、東京、神戸

                群馬、愛媛の菓子店、そしてコンビニ、

                合計12個のレモンケーキを食べ比べました。

                 

                ちなみにこの食べ比べ、とても楽しいですので

                ぜひ複数人でやってみてください。

                複数人でああだこうだ言ってるウチに

                方向性が見えてきます。

                 

                全国の有名菓子は、楽天の菓子別ランキングや

                Googleで「菓子名 ランキング」などで

                検索すればすぐに分かります。

                 

                まず全国的に有名なその菓子の

                味やパッケージなどを直接見て食べて感じる。

                 

                現時点で自分の頭の中にある情報だけを頼りにするよりも、

                参考にできる情報をできるだけたくさん浴びて、

                浴びた情報のチョイスに

                力を入れる方が良い商品ができます。

                 

                取り寄せることに加え、

                例えばインスタグラムでその菓子名で検索して、

                とにかく視覚的情報を浴びまくることも大事です。

                インスタ生えするビジュアルのアイデアを

                たくさん得ることができます。

                 

                とにかく全国レベルの情報を浴びまくってから

                企画開発を進めることをオススメします。



                あの店のバウムのフレーバー展開のスゴさ!

                0

                  今日は近所の無印良品へ。

                  バウムのフレーバー展開に驚きました。

                  以前はこんなになかったです。

                   

                  レモン

                  焼きリンゴ

                  かぼちゃ

                  スイートポテト

                  マロン

                  バナナ

                  宇治抹茶

                  バター

                  チョコがけバナナ

                  チョコがけいちご

                  ゆず

                  オレンジサンドバウム

                  計12種。ほぼ180円(税込)。

                   

                  さらには「不揃いバウム」という

                  味は同じで形が少し悪いなどの

                  いわゆる訳ありのバウムが

                  ほぼ150円(税込)で展開されていました。

                   

                  春には桜バウムを見たこともあります。

                   

                  フレーバーもどんどん増えて、

                  無印良品のバウムは菓子コーナーで

                  棚が一番広かったです。

                   

                  ホームページで確認しましたが、

                  賞味期限は製造日から60日でした。

                   

                   無印良品webバウムページ

                   https://goo.gl/Vq1ZPz

                   

                  フレーバー展開がこれだけ可能だということを

                  無印良品は証明してくれています。

                  そしてバウムのマーケットは

                  焼き菓子の中で一番大きい。

                   

                  例えば、ご当地素材のフレーバーで

                  観光みやげとして販売してみる。

                   

                  例えば、季節限定のフレーバーで

                  期間限定バウムとして販売してみる。

                  桜の季節に桜バウムを毎年販売して、

                  このバウムの販売がはじまったら

                  「いよいよ春が来たな」

                  とお客様が感じてくださる。

                  とかステキです。 

                   

                  無印良品にてバウムの可能性を

                  あらためて感じたというお話でした。



                  菓子店が材料を売る

                  0

                    例えば、地元のこだわりの蜂蜜を使った
                    菓子を作っているなら、
                    その蜂蜜そのものを売るということです。
                     
                    こだわりの素材を使っているとわかれば、
                    素材そのものを買いたいというお客様が
                    必ず出てきます。
                     
                    その需要にお答えするという意味もありますし、
                    その素材が美味しければ、
                    この素材を使っているから美味しいのだと
                    菓子そのものの価値も上げることになります。
                     
                    常時置くことが難しいものであれば、
                    日を限って個数限定で販売するのアリです。
                     
                    素材の良さをアピールする方法として、
                    ぜひ素材の販売をしてみてください。

                     


                    「焼きナントカ」は売れます

                    0

                      焼きモンブラン、焼きチョコ
                      焼きチーズケーキ、焼きティラミス
                      焼きショートケーキ。
                      「焼きナントカ」は売れます。
                      もちろん焼き菓子のことです。
                       
                      例えばこんな感じのです。
                      https://goo.gl/uqEyzG
                        
                      看板商品が生菓子だとしたら
                      なおさらそれの焼き版を作るべきです。
                      例えばモンブランが看板商品のお店であれば、
                      焼きモンブランは絶対売れます。
                       
                      同じキーワードで
                      別需要を取りに行くということです。
                      生菓子は冷蔵で消費期限が短い、
                      焼き菓子は常温で賞味期限が長い。
                      生菓子で取り込めない需要も
                      焼き菓子で取りに行くわけです。
                      「遠方の実家へ帰るのに
                       持ち運び時間が気になるから
                       焼きのほうにしよう」
                      という感じの需要もそうです。

                       

                      逆にですが、焼き菓子が看板商品であれば、
                      生ナントカも需要があるということです。
                      アイスナントカもアリです。

                      私の地元にも、こんな商品があります。
                      https://goo.gl/QBFhBJ


                      バウムは大きい

                      0

                        今日は地元和歌山の
                        産直市場を3件ハシゴしました。
                         
                        どのお店にも5種類ぐらい
                        バウムクーヘンが置かれていました。
                         
                        バウムは市場が大きい。
                         
                        私の古巣である船井総合研究所が
                        今提案しているのが
                        観光土産市場への単品参入。
                        その単品の1つとして挙げているのが
                        バウムクーヘンです。

                        単品で参入して実際成果を出している、
                        それぐらいバウムクーヘンは市場が大きいのです。
                         
                        私も自社商品として
                        バウムクーヘンを地元の百貨店などに
                        今現在も卸しているので
                        市場のデカさはよくわかります。
                         
                        例えば自分の店の看板商品がティラミスだとします。
                        ティラミスは生菓子なので
                        日持ちや持ち運びが難しい。
                        ですが、ティラミスバウムだったらどうでしょうか。
                        上記の困難は回避できます。
                         
                        実際、ティラミスで全国的に有名な
                        ティラミスヒーローは、
                        バウムではありませんが
                        市場の大きい常温商品である
                        カステラを商品化しています。
                        https://goo.gl/c2Ychv
                         
                        生菓子が看板商品のブランドの焼き菓子版は、
                        日持ち持ち運び問題を解消できる商品なわけです。
                         
                        チーズケーキが看板商品のお店ならチーズバウム、
                        プリンが売りのお店ならプリンバウム、
                        6次化商品のスイーツとしてのバウムなら
                        和歌山ならみかんバウム、
                        などの展開はとても面白いです。
                         


                        目当ての菓子があればどこへでも

                        0

                          「街の人口が減て来たからお客様が減った。」

                           

                          確かにそうかもしれません。

                           

                          しかし本当に食べたいお菓子があるならば、
                          遠方からでもお客様は来てくださいます。

                           

                          この機会に考えてみてください。
                          自分の店には、わざわざ遠方から
                          買いに来てもらえるような商品があるのかと。

                           

                          あるのなら認知度を上げる手を打ちましょう!
                          ないのなら、今から作りましょう!

                           

                          ある方もない方も、
                          参考にしていただけるかと思いますので
                          ぜひこちらをお読みください。
                             ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   


                          「菓子店が
                           日本中で知られるお菓子を
                           全くのゼロから作り育てる方法」
                           http://kashioyakudachi.com/?cid=13


                          看板商品開発で絶対忘れてはいけない口コミ要素

                          0

                            SNS全盛、1億総メディア化している今日において、

                             

                            看板商品開発に欠かせないのは

                             

                            その商品のことを人に話してもらえる

                             

                            「口コミ要素」を盛り込むことです。

                             

                             

                            口コミ要素を商品に盛り込まなければ、

                             

                            どれだけ美味しい商品であってもその商品の情報は広がりにくく、

                             

                            結果売れないということになります。

                             

                             

                            口コミしてもらえる要素は、

                             

                            ・素材へのこだわり(特に地元の素材)

                             

                            ・実績のある人、面白い人が作っている

                             

                            ・製造方法に対するこだわり

                             

                            ・食べ方が面白い

                             

                            ・パッケージがかわいい

                             

                            ・商品そのものがかわいい

                             

                            などが挙げられます。

                             

                             

                            これらの要素を開発前に盛り込んでおかないと

                             

                            口コミしてもらえる商品にはならない、

                             

                            すなわち売れる商品にならないということです。

                             

                             

                             

                             

                            そして、販売を開始してから一番効果がある要素は

                             

                            「売れている実績」です。

                             

                             

                            「毎日完売」

                             

                            「人気ナンバー1」

                             

                            「1日で1000個売れる」

                             

                            「この街でロールケーキといえばウチ」

                             

                            というような実績を築いたら、

                             

                            POPやチラシやSNSでお客様に

                             

                            トコトン伝えてください。

                             

                             

                            自店で、または他のお店で

                             

                            お客様同士こんな話をしているのを聞いたことはありますか?

                             

                            「ここのロールケーキ、地元の素材にこだわって作ってるんだって」

                             

                            「ここの看板商品はロールケーキなのよ」

                             

                            「ここのロールケーキ、すっごい人気でなかなか買えないのよ」

                             

                            「ここのロールケーキ、1日で1000個も売れてるんだって」

                             

                            「ここのロールケーキ、この前テレビで取り上げられてたよ」

                             

                            「ここのロールケーキ、食べ方がすごく面白いのよ」

                             

                             

                            こんな口コミの聞き手の人が

                             

                            「へぇ、そうなんだ!試しに買ってみよ!」と言う。

                             

                            その積み重ねが売上につながり、

                             

                            真の看板商品に育っていくのです。

                             


                            看板商品スイーツはコレにすべき

                            0


                              「あそこのお店といえばアレよね」

                              お客様にそう言ってもらえるような看板商品を持つことが大切、そのような話はどこでもよく耳にします。

                              先日久しぶりに「菓子店開業の方法」というような本を読んでみましたが、やはりそんなことが書かれていました。

                              でも当然「このスイーツにしなさい」とは書かれていません。

                              意外と難しいなと思うのは、具体的に何を看板商品にしようかということです。

                              チーズケーキ?ロールケーキ?それともあまり誰もよく知らないアメリカで大ブームのスイーツ?

                              何にするかを決断しないといけません。

                              地方の菓子店がこの決断をするために候補とすべきスイーツは、誰もが知っている大衆商品です。

                              例えば、チーズケーキ、ロールケーキ、プリン、シュークリーム、バウムクーヘンなどです。

                              例えばサンマルクというケーキ。業界人ならご存知だと思います。

                              しかしお客様は知らない方が多い。

                              「ウチの看板商品はサンマルクです。」「サンマルクって何ですか?」

                              たくさんのお客様に質問されるはずです。

                              これがチーズケーキだとどうでしょう。

                              「チーズケーキって何ですか?」という質問はありません。

                              例えばお客様とお話する機会があるとします。

                              そんな時、「サンマルクとはそもそもこのような菓子でして・・・」という説明からしていたら、話すボリュームが大きくなってしまう。

                              大きくなってしまうということは、お客様から他のお客様にも口コミされにくいわけです。

                              口コミする時に、「サンマルクとは」から説明してくださるお客様はいないです。

                              ということは宣伝もやりにくいのです。

                              ということは広まらない、売れない、看板商品にはならない。

                              地方のお店は、誰もが知っている大衆商品を、他店より美味しくすることで勝負するべきなのです。

                              知っている人が少ない商品は看板商品にはなりません。

                              そんな商品は大手に任せておきましょう。
                               


                              これから看板商品開発をする方へ

                              0



                                これから看板商品を開発しようと考えておられる方。

                                まず悩むのがどの菓子を開発するかです。

                                洋菓子界にはいろんなお菓子がありますが、

                                 

                                選択すべきは

                                 

                                市場規模が大きい商品=大衆的菓子=誰でも知ってるお菓子です。

                                生菓子で言えば

                                チーズケーキ・ロールケーキ・シュークリーム・プリン

                                焼き菓子で言えば

                                バウムクーヘン・マドレーヌ・パウンドケーキ

                                あたりです。



                                あまり知られていない菓子を看板商品にしようとすると、

                                 

                                そもそもそのお菓子はどういうお菓子なのかを

                                 

                                説明するところからはじめなければなりません。

                                そのために労力やお金を使ってしまうことになります。

                                体力があれば別ですが、それは大手に任せておいたほうが得策です。

                                誰もがやってる商品だからいいのです。

                                競争相手が明白になりますので。

                                誰もがやってる中でシェアを広げる。

                                強い商品を作り育てていけばいいのです。
                                 


                                地元の素材でフィナンシェをつくり、生産者さんにも売ってもらう!

                                0

                                  地元の養蜂園さんのハチミツを仕入れてフィナンシェを作りました。



                                  その養蜂園さんは自ら県外の百貨店にも販売に行かれていて、

                                   

                                  そのフィナンシェをハチミツと一緒に販売してくださいました。

                                  東京にて出店された時に超大手の通販会社の担当者さんが来店、

                                   

                                  そのフィナンシェを気に入ってくださり

                                   

                                  ウチとつないでくださったことでウチは今でも

                                   

                                  その通販会社さんと取り引きいただいています。

                                  と、こんな話も生まれます。

                                  逆に、その素材をみなさんのお店でそのまま販売するなんてのもアリです。

                                  ケーキ屋だからケーキしか売らない、なんてもったいないです。

                                  素材そのものを売ることにより、

                                   

                                  その素材をつかった菓子の商品力が高まることは間違いありません。
                                   


                                  | 1/1PAGES |

                                  ↓コンサルティングメニュー↓

                                  Facebookページ

                                  公式LINE@(無料)

                                  友だち追加

                                  公式Twitter

                                  メルマガ登録フォーム

                                  無料配信 菓子店お役立ちメルマガ
                                  読者登録   解除
                                  メールアドレス
                                   
                                  コンビーズメールの配信システムを使って、発行しています  メルマガ配信するなら、コンビーズメール!
                                  メールマガジンが正しく届かなくなったら、こちらのページから詳細を報告してください

                                  テーマ別記事

                                      

                                  最近の記事

                                  当ブログQRコード

                                  qrcode